自主的考動の肯定

自主的考動の肯定

なんか難しい感じのタイトルではありますが

まぁ子供達にはのびのびと育ってもらいましょう(--)v

 

と、いうわけで

2021年11月13日(土曜)

小学3年生以下子供向け個人参加型フットサル

【U-9子個サル】

ココサル始まる前からみんなで〔コミュニケーション〕ゲーム開始

30分~40分くらい蹴ってました(苦笑)

でも自分達で決めたルール・チーム分け・コミュニケーション

そして目的も明確でさらには用具などの【準備】も完了済み。

 

次々に暑くなり上着を脱ぎ、水分補給も含め

「ちょっと上着置いてくる」「ちょっと水筒飲んでくるね」

マメなコミュニケーションに加えて数的不利な状況では戦術チェンジ(笑)

この考動(×行動)は誉める要素しかないし

大人達が口出して妨げるものではありませんよね。

 

子個サルの様子はこちらのブログからも♪

 

こうして子供達から我々大人達が学ぶことが本当にたくさんあるわけで

いつしか読んだ文献で「かつて公園に大人はいなかった」という言葉が

深く胸にささりますね。

 

 

 

ある小学生向けの大会で大会主催者といっしょにうつる子供の表情

試合と試合の合間に子供達だけではしゃいでいる表情

活き活きとしているのは明確だったのもまた印象的でした。

主役は誰?

 

Facebook限定ハイライト動画(※BGMなし)はこちらからも♪

ハイライト動画はインスタグラムでも♪